学校に行く道のりの間に脇汗をかいていた学生時代

若い時分から、「脇臭」に困っています。中2の時なんか、別に駆け足をした訳でもないのに、学校に行く道のりの間に、「脇汗」を掻いていました。見えないから、大丈夫だろうと思っていたら、通りかかった同じ組の男子が「何か汗臭くない?」と言い出しました。もちろん私は素知らぬ顔でいました。中学を卒業すると、一層悪化しましたね…。女子というからには、やっぱり女性らしい香りを出してみたい!「香り」・・・憧れます。制汗剤、パウダーインボディーローション、デオドラントシートetc汗はことごとく拭きとるように細心の注意を払いました。無論香りの種類はそろえていました!そうしたら、なんとか女らしい香りが出るようになりましたが、絶えず気に掛けていないと、また発汗して、元通りの体臭になってしまいます。ですが、汗取りパッドは利用したくないので、ともかく、こまめに脇の汗を拭うようにするというやり方で近ごろは乗り切っています。脇汗パッドは、なんかごわごわ感がありそうという先入観がひどいですね…。この先も、拭き取りケアで頑張って暮らしていきます。

ワキのニオイとか足が臭いというのは幸せなことにありませんが、強いて言うなら多く汗をかくため汗をかいた後のにおいが気になります。外出した際に歩き回り、発汗したままカフェやレストランなどの冷房が効いたところで休んで、汗が一度引いた後で再びアセをかく。そういった事が何度もあったときは一回乾いた汗が、もう一度アセをかいて異臭の原因になるような気がして人の目が気になってきます。本当は前の日に匂いの元になりやすい食べ物(焼き肉とか唐揚げ、にんにくの入ったメニュー)や飲み物(アルコール類)を飲んでなければ、まわりに大変迷惑が掛かっているということはないみたいです。自分ではわからないだけじゃないの?と思う人もいるかもしれませんが、実際の所は気に掛けているのです。汗をかいた後にアセが乾いたら、ちょっと人目に付かないトイレの個室で隠れて服を嗅いでみたり、ウナジなどに汗をかいた事が原因で塩を吹いてないかとか。取り組んでいる手っ取り早い対策は、汗をかいたらすぐ拭う、出来る事なら簡単にシャワーを浴びます。本当は上の服も着替えたいのですけど、着替え後の洋服がにおいの元凶になりそうなので実施出来ていません。夏になり臭わないかと心配していますが、ニオイが出てくる前にちょっと処置をしてみましょう。

ここであたしがしている体臭対策を聞いてください。今のような夏はとにかく一段と自身のニオイが気になるので体臭を出来るだけ防ぐ様にしています。最初に当たり前ですが、汗や皮脂汚れを洗い流すことです。この時に臭い取りの効果があるものや「殺菌」効果のある液体せっけんなどを用いるようにしています。出掛ける前に寝坊でもしない限りはシャワータイムを設けるようにしています。親が、「体臭対策するなら、肌着は通気性が良くて抗菌作用がある下着を着るといいよ」と勧めてくれたので、殆どはその様なインナーウェアを使っています。勤務先での休憩タイムには、パウダーが入ったデオドラントローションをウエットテッシュに染み込ませ、出来るだけマメに拭くようにしています。職業柄、靴の中も汗を掻きやすいので、インナーウェアと一緒で通気のいい素材で抗菌加工がしてある靴下を愛用するようにし、更には汗を掻いたら交換するようにしています。この様にやれるだけの体臭ケアは、とくに夏の季節には欠かせません。冬はあんまり汗もかかないのでそこまで力は入れませんが、発汗しやすい夏には日々体臭予防ケアをやるようにしています。

参考:わきがクリームの選び方 チェックポイント
URL:https://xn--v8jb9ine4gtllcshx671csl0d.xyz/